BEES-HAUS
(Buccal epithelium Expanded and Encapsulated in Scaffold‐Hybrid Approach to Urethral Stricture)

BEES-HAUS(ビーズ・ハウス)は、尿道狭窄症のために開発されている新しい治療法です。
一般的に行われている経尿道的治療よりも治癒率が高く、また難度が高いとされる尿道形成術よりも簡単な施術方法です。

BEES-HAUSでは、患者自身の口腔粘膜組織から培養した細胞を、ハイドロゲル状のポリマーに含ませて尿道に注入し、切除部位に移植します。Dr. Suryaprakash Vaddi (Consultant & HoD Urology, Narayana medical college, Nellore, India) らが日印再生医療センター (Chennai, India) との協力により実施した臨床研究では、その有用性が証明されています。

BEES-HAUSには次のような利点があります。

1. 培養用に採取する口腔粘膜組織が少量であるため、採取の際に全身麻酔を必要としない
2. 細胞の移植がカテーテルによって行われるため、移植の際に全身麻酔を必要としない
3.6例を対象とした臨床研究において、3年経過後も4例(66%)が再狭窄していない (Int J Urol 2019. 26. 253-7)

この治療法は世界初であると考えられ、今後、尿道狭窄症に対する一般的な治療法として普及させるべく、必要な検証を重ね、より多くの臨床試験実施に向けた取り組みを行っています。

 

PUBLICATIONS ON BEES-HAUS


1. Vaddi SP, Reddy VB, Abraham S. Buccal epithelium Expanded and Encapsulated in Scaffold‐Hybrid Approach to Urethral Stricture (BEES‐HAUS) procedure: A novel cell therapy‐based pilot study. Int J Urol. 2018 Nov 22.

2. Horiguchi A. Editorial Comment from Dr Horiguchi to Buccal epithelium Expanded and Encapsulated in Scaffold-Hybrid Approach to Urethral Stricture (BEES-HAUS) procedure: A novel cell therapy-based pilot study. Int J Urol. 2018 Nov 28. doi: 10.1111/iju.13874.

3. Takao T. Editorial Comment from Dr Takao to Buccal epithelium Expanded and Encapsulated in Scaffold-Hybrid Approach to Urethral Stricture (BEES-HAUS) procedure: A novel cell therapy-based pilot study. Int J Urol. 2018 Dec 16. doi: 10.1111/iju.13884.

 

PRESS RELEASES

1. 2018, Nov, 5: Press Release on Japan-India collaboration yields a novel treatment method for male urethral stricture; GN Corporation to collaborate with JBM Inc., to work towards an approval for BEES-HAUS